トランスフォーマー/最後の騎士王

このトランスフォーマーシリーズでは1と2が特に好きなのですが、それまで主役だったシャイア・ラブーフも出なくなり、ストーリーも変わってしまったのでこの前作のシリーズ4作目「トランスフォーマー/ロストエイジ」はみていませんでした。

なので、ストーリーがわかるかな…と心配してみにいったのですが、その点は問題ありませんでした。

特に今回おもしろかったと思う点は、やはり、これまで主人公(人間)たちの見方でヒーロー的存在だったオプティマスプライムが敵側にまわってしまったことです。

これまで仲間同士だったオプティマスとバンブルビーの戦いは必見。

あと個人的には中世のイギリスのアーサー王伝説や円卓の騎士団といったワードに惹かれるので、それらを取り入れた話や、人類の歴史にオートボットたちが関わっていたという話には興奮しました。

戦闘があまりに速すぎて目が追いつかない場面も多々ありましたが、それにしてもおもしろかったです。

何も考えずに、ただただ楽しめる映画になっています。