SPEC〜結〜 爻ノ篇

シンプルプラン、ソロモンの鍵、ファティマ第三の予言など難しい言葉が出てくるために最初は分かり難かったです。

しかし見終わった時には全て繋がったため、理解することが出来ました。

白い服を着た男やその横に居る女は誰なのか、プロフェッサーJはいったい誰なのか最後だけにハッキリしました。

今までのSPECのように笑える要素は少ないものの、映画が進むごとに壮大な物語になっていき、最後は迫力のあるシーンの連続なのが良いですね。

過去のSPECホルダーも登場してきて楽しかったです。

ラストは人によってはいろいろな解釈ができるような感じです。

印象に残るSPECらしいラストだと思いました。

これだけ見応えがあった邦画と言うのは最近無かったように感じます。

これで最後と言うのは勿体ない気もしますが、何とか続編を作って貰いたいですね。

続編は作られなくても、また主演の二人の共演は見てみたい気がします。

SPECのように息の合った演技が見られそうで楽しみです。