アメリカン・スナイパー

 

感想

実在の元軍人「クリス・カイル」の回顧録を基に作られたアメリカの戦争映画です。

半分実話というのはどこかで聞いた覚えがあって、途中から「こんな敵兵を160人以上も殺した人を取り上げて、敵から報復行為を受けたりしないんだろうか? 大丈夫か?」と心配になりましたが、それがまさかあのような結末を迎えるとは……。

 

アメリカ・テキサス州に生まれたクリスは父からある教えを受けていました。

「人間は3種類いる。悪の存在を信じない『羊』。それを暴力で荒らし回る『狼』。そして狼から群れを守る『番犬』だ。俺は羊も狼も育てる気はない。家族や仲間を守ってやれる番犬になれ」

そんな父の教えの下で育ったクリスは、あるテロ事件の報道をきっかけに軍へ志願。

弟と共に厳しい訓練を耐え抜いて軍人になります。

やがて出会った女性タヤと結婚し、子供も授かりました。そんな時にあの世界貿易ビル崩落事件が発生。

イラク戦争が幕を開け、カイルもまた戦場へ派遣される事となるのでした。

幼い頃に父から猟銃の扱いを教えられていたカイルは、スナイパーとしてイラクで活躍。

その腕前で計4回の派遣を通してイラク兵を160人以上も射殺し、味方兵士を守る生きた伝説となります。

しかし軍を辞めて日常に戻ってきた後も、PTSDに悩まされ……。

 

この戦地から戻ってきた帰還兵と、彼らが抱えるPTSDについて色々と考えさせられる映画でした。

戦争そのものは歓迎すべき事ではないですが、戦場に出て祖国を守るために戦った兵士達が生きて帰還してくれたのは喜ばしい事です。

彼らが危険を顧みず戦ってくれた事で保たれる平和もあるのですから。

しかし、そんな帰還兵の中には心に深い傷を負った者も数多くいて、そんな彼らに国や人々はどんな事をしてあげられるのか。

彼らをどう守っていけばいいのか。

そんな難しさを感じました。感想